著作権の侵害

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

YouTubeコンテンツを利用するにあたって、著作権法の対応は切っても切り離せない状況にあります。作者の著作権は著作法で守られていますが、違法なアップロードも少なくないのです。著作権法で守られているものとして問題が多いのは、テレビ番組やドラマにアニメなどの番組や、映画や音楽のプロモーションビデオやライブ配信などが、無断で配信されている場合が多く、海賊版と同様に問題視されています。

YouTube側では、利用規約によって著作権侵害と思われる、不法なファイルのアップロードを禁じているのですが、アカウント停止などの対策を講じても、ユーザー側が再アカウントを取ってしまえば、同じ事を繰り返す事が多く、コンテンツ内においていたちごっこの状態が続いています。

YouTubeはこれに対策案として、海賊版と見なされるものを10分制限にする事で、違法なアップロード対策をしましたが、これに対して10分ごとに分割してアップロードを行うなど、逆手を取られた形になったのです。現在各メディアの対策状況は、テレビ局などが視聴者サービス部宛メッセージフォームを利用して、削除依頼を行っているほか、国の対策によってアクセス規制措置などが取られる深刻なものまであります。