著作権の侵害

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

YouTubeコンテンツを利用するにあたって、著作権法の対応は切っても切り離せない状況にあります。作者の著作権は著作法で守られていますが、違法なアップロードも少なくないのです。著作権法で守られているものとして問題が多いのは、テレビ番組やドラマにアニメなどの番組や、映画や音楽のプロモーションビデオやライブ配信などが、無断で配信されている場合が多く、海賊版と同様に問題視されています。

YouTube側では、利用規約によって著作権侵害と思われる、不法なファイルのアップロードを禁じているのですが、アカウント停止などの対策を講じても、ユーザー側が再アカウントを取ってしまえば、同じ事を繰り返す事が多く、コンテンツ内においていたちごっこの状態が続いています。

YouTubeはこれに対策案として、海賊版と見なされるものを10分制限にする事で、違法なアップロード対策をしましたが、これに対して10分ごとに分割してアップロードを行うなど、逆手を取られた形になったのです。現在各メディアの対策状況は、テレビ局などが視聴者サービス部宛メッセージフォームを利用して、削除依頼を行っているほか、国の対策によってアクセス規制措置などが取られる深刻なものまであります。

著作権とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

著作権というのは、著作物の作者に与えられる権利の事を示しており、音楽や小説あるいは絵画や写真など、この世にある意匠のあるものに関しては、全てが著作権が適応されています。これらの著作物は、原則的にいかなるものでも作者以外の使用が禁じられており、第三者がこれを利用する事は出来ません。

仮に利用したい場合には著作料を支払う事により、作者の許可を得られた場合のみ利用できますが、一部例外も存在しています。この世のほとんどの製作物には、この著作権があり法律によって守られていますが、これには規定があり、全てが著作物となる訳ではないのです。規定には思想や感情を独創的に表現したものであって、広い範囲で芸術の範囲に属しているものを表しています。別な言い方をすれば、作者の個性が表れているものとも言えますが、創作性と独立性が無ければなりません。

著作物は、作者における作品の権利ですので、この権利の売り買いも行われる事になります。営利的に利益の出る著作物には、版権というものが存在し、これを売る事で作者に利益をもたらす事になりますので、世界的に人気となる映画やアニメを始め、キャラクターなどの版権には、莫大な著作料が入るという事も少なからずあるのです。音楽業界では、ミリオンセラーとなった楽曲も多く存在しますが、こうした場合には歌手に著作料が入るのではなく、作詞家や作曲家または版権を買い取ったものに、その権利が与えられているのです。